不安に思わないで問題ありません

-

-

クレカが無用に感じる…このような時はカードサービスの契約解除(けいやくかいじょ)をしてしまいましょう。

講釈はいらないと思いますがカードの機能停止とは皆様が持っているそのカードを小売店などの売り場で使えないようにするようなことです。

今お読みになっているページの中でカードの機能停止の方法から使用の中止における留意点などをわかりやすく詳しく説明して参ります。

この項目をわかって頂ければ無効化に関する心配事をすっかり取り除いてもらえることだろう。

端的に断言してしまうとするならばカードを退会する方法は思いのほか楽なのです。

「カード会社に一旦手続きをしたら、したくても解約するのは大変ではあるまいか」?」という思い込みや、「カード会社の機能停止の申し込みが複雑?」というように思われる使用者も多いなどという噂だと伺っているが本当はカードの機械読み取り側に表記されているコールセンターに照会をした上で、クレカ無効化の考えを言うことさえすれば手間取ることなく機能停止が実現できます(わずか3分くらいの会話で解除完了です)。

クレジットを契約する前の段階は考えられない程煩雑だったのに使用不可能化の手順はただ一回の通話でいいの?と驚いてしばし呆然とするかもしれません。

実際に機能停止の手順は楽に出来るものでしょうか?間違いありません。

クレジットカードの解約申し込みはごく少数の事態を無視すれば退会のために取り寄せなければいけない届け出用紙も関係ない上に長時間にわたって退会取りやめを迫られることもまずありません。

間違いなく一度「使っている××カードを退会したいと考えておりますが・・・」といったように相手の係の人に向けて伝えることが出来れば完了するのです。

事実、私の知り合いもかつてから15枚を上回るカードを無効化するために電話し続けてきた実体験を振り返っても、ただの一回も機能停止において問題が起こったような事態はないのですから懸念については不安に思わないで問題ありません。

家内より聞いた話では契約解除を願い出ようと電話したところ退会したい理由について確認される事態があったが、ただ単にサービスクオリティの調査という雰囲気の軽いやり取りだったようで、留意される事態もほとんどないと聞かせてくれました。

万が一事情を言わなければいけなくなったという事態があったとしても正直に『予想していたより使わなかったため』や『あの会社のクレジットカードの方が使い勝手に優れていそうなため』と言う具合に述べてしまえばおしまいです。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.rebelrodders.com All Rights Reserved.